★ 導入効果 ★

・きれいで読みやすい報告書が早く入力できます。
・報告書の書式変更や項目追加に、迅速に低コストで対応できます。
・診断や所見から検索を行い、症例研究会、学会資料作成に役立てます。

インテグレップ医用レポーティング・システム
「エイブル・レポーティング」

★ 特徴 ★

画面、帳票デザインのデータベース化、画面、帳票デザインツールの開発、活用(当面内部使用)によるデザインコスト、時間の大幅削減
・高速階層メニューにより、膨大な階層データから迅速に選択が可能、入力時間の短縮化
ライセンスは、施設単位なので、クライアントを追加しても新たなライセンス費用は発生しません。
★ プラットフォーム ★ (必要なシステム環境)

・Windowsのサーバが必要となります。
・クライアントには、Windows (できればXP Professinal以降)
・サーバとクライアントがネットワークで接続されていること。
・クライアントには、プリンタドライバがインストールされていること。
★ 導入の流れ ★

● レポーティング・インプッターを活用しない場合
・デモソフトにより、導入を検討していただきます。
・詳細の仕様や導入スケジュールを確認していただきます。
・デモソフトにより、事前トレーニングをしていただきます。
・作成対象の検査を選択していただきます。
・入力、印刷項目を決定していただきます。
(検査の種類に応じて、ご提案もできます。)
・入力、印刷項目の確認をしていただきます。
・サーバ、クライアントに必要なソフトウエアやデータをインストールします。
・仮運用をしていただきます。
・問題点があればが改善し本格運用を開始していただきます。




● レポーティング・インプッターを活用する場合
・デモソフトにより、導入を検討していただきます。
・作成対象の検査を選択していただきます。
・入力、印刷項目を決定していただきます。
(検査の種類に応じて、ご提案もできます。)
・入力、印刷項目の確認をしていただきます。
・レポーティング・インプッターにて仮運用していただきます。
・この間、問題点があればが随時改善します。
戻る